昔からあるトミオだからできること|夢が実現する

家づくりは窓選びが大切

間取り図と模型

採光や換気を考える

神奈川で注文住宅を建てるときには、住宅の設備を色々と選ぶ必要がありますが、その中でも注目したいのが住宅の窓になります。窓は種類や大きさが幅広く揃っており、神奈川で注文住宅を建てるときに窓にこだわる事で、住宅の快適性を高める事ができます。神奈川の注文住宅で最も多く採用されているのが引き違い窓で、横にスライドして開閉するタイプの窓です。引き違い窓はコストが安く、サイズも多く揃っているため注文住宅で使いやすい窓になります。横すべり出し窓や縦すべり出し窓は、窓を外に押し出して開けるタイプの窓で、機密性が高く掃除がしやすいという特徴があります。片開き窓は部屋の中に引きこむタイプの窓で、開閉の具合を楽に調整する事ができます。片開き窓はストッパーが付いているため、風が強い日に窓が全開になる心配はありません。神奈川で注文住宅を建てる際の窓選びとしては、採光や換気のことを考えて窓の配置をしていきます。風の通りを良くしたい場合には、部屋の対角線上に窓を配置することがポイントになります。また採光を重視するときには、南側に窓の数を増やすことで、部屋に多くの光を取り込めます。注文住宅で窓を多く設置することで、風通しが良く明るい部屋になりますが、窓は熱が逃げやすい部分なので必要以上に設置するのは避けましょう。神奈川の注文住宅で多く窓を取り付けたい場合には、断熱性能の高い窓を採用して、部屋の中の熱を逃がさないようにすることが大切です。